「ファンヒーター」について

ヒーターにはさまざまな種類がありますが、ここでは「ファンヒーター」について紹介します。
ファンヒーターは、温風を送ることで部屋を暖めます。温風を送るということから、エアコンと同じようなイメージをするかもしれません。でも、持ち運びができたり、エアコンよりも本体価格が安かったりする点から、エアコンよりも手軽に使うことができます。
しかし、デメリットもあり、ファンヒーターの種類によっては、灯油やガスを用意しないと使うことができず、その準備が面倒であったり、電気で動くものはパワーが弱かったり、空気が乾燥しやすかったりすることが難点です。それでは、ファンヒーターについて種類別で詳しく特徴を比較します。
電気で動くファンヒーターは「セラミックファンヒーター」と言い、石油やガス管の準備が不要で、コンセントさえあれば使えるのでとても便利です。ただ、パワーは弱いので、小さめの部屋でしか使えません。でも、導入がとても簡単なので、人気はとても高いです。
「石油ファンヒーター」は、石油と電気で動かすファンヒーターです。こちらのメリットは、パワーが強いのにコストも安いことです。しかし、石油を準備するのが大変であったり、暖まるまで時間がかかったりすることがデメリットです。また、空気が汚れやすいので、こまめに換気をする必要もあります。
「ガスファンヒーター」は、ガスと電気で動かすファンヒーターです。このファンヒーターは、都市ガス契約の場合、コストが比較的安くなりますし、暖まるまでの時間もかかりません。しかし、ガス管の設置や管理が必要なことが大変です。