「ファンヒーター」の選び方

暖房器具の中でもっとも種類が多いのが「ファンヒーター」と「赤外線ヒーター」です。手軽な値段なものが多いので、購入を考えている人も多いでしょう。ここでは、「ファンヒーター」を選ぶ際のポイントを紹介します。
ファンヒーターは、部屋の中の空気を吸い込んで、セラミックヒーターの熱によって温風に変えて吹き出します。スイッチを入れるとすぐに暖かい風が出るので、すぐに部屋を暖かくしたい時に向いています。でも、風がずっと出ているので、ホコリの舞い上がりや乾燥が気になる人にはおすすめできません。
消費電力1200Wで、コンクリート造りの部屋では約8畳前後を暖めることができます。ほとんどが、1200W、600W、300Wなどに切り替えることができるようになっています。小型のタイプは300W~600Wで、トイレや脱衣所な狭い個室を暖めるのに向いています。
個室向きのファンヒーターは、スイッチを自動的に切ったり入れたりできるタイマー付きのものや、乾燥を防ぐ加湿機能が装備されているものなど、便利さと快適さを備えたものが人気となっています。また、いろんな場所に運んで使うことを考えている場合は、ハンドルなどが付いた持ち運びの便利なものを選ぶと良いでしょう。
どんな種類の暖房器具でも言えることですが、購入の際によく確認してほしいことは“安全性”についてです。ファンヒーターは、火が直接出ませんが、熱を発する商品に変わりはないので、安全性に配慮した設計になっているかしっかりと確認する必要があります。転倒した時や揺れた時に自動でスイッチがOFFになったり、スイッチを切り忘れても一定の時間が経ったら自動でOFFになったりするなど、安全機能が十分に装備されているか確認することが大切です。