カーボンヒーター

電気ストーブの1つ「カーボンヒーター」。
今年はカーボンヒーターがおすすめです。
他の電気ストーブに比べて発熱量が多くて、部屋をすぐに暖めることができます。
一人暮らしの場合、外出して帰ってきても誰もいないため、部屋を事前に暖めておいてもらえることがありません。
ですから帰ってきてすぐに部屋を暖めることができる電気ストーブをおすすめするのです。
カーボンヒーターは、熱を発する部分に炭素繊維を使っています。
遠赤外線で効率的に部屋を暖めることができます。
体の芯まで熱が届くので、ぽかぽかと暖まることができます。
また石油ファンヒーターなどと違って換気する必要もなく、空気にやさしいです。
カーボンヒーター自体、もともと一人用なので、一人暮らしに最適な暖房器具だといえます。
使う場所により必要となる出力も違ってくるため、選ぶ機種が変わってくると思います。
例えば小さい部屋、脱衣所、トイレなどの場合には300W。
リビングなど少し広めの部屋では、900W~1000Wくらいがおすすめです。
縦置き横置きも重要なポイントです。
狭い場所に置く場合、場所を取らないようにどちらのタイプがいいのか見極めて選ぶ必要があります。
ワット数を調整できるタイプもあります。
電気代を節約したい人は調整できるものを選ぶと、最初は強いワット数で使い、ある程度暖まったら弱めて使うと電気代が抑えられていいと思います。
電気ストーブは、意外に電気をたくさん使います。
そのため一人暮らしの家だとあまり電力が強くないので、ブレーカーが落ちる可能性も高いです。
そういった面から考えてもワット数は調整できた方が便利だと思います。