ガスファンヒーター

ガスファンヒーターには、3つの規格があります。
小型サイズの20号、中型サイズの35号、大型サイズの50号です。
一人暮らしの場合には、20号サイズでも十分だと思います。
<20号>
ガス代、木造6畳で1時間約11.6円。
<35号>
ガス代、木造10畳で1時間約15.5円。
<50号>
ガス代、木造14畳で1時間約22.7円。
さらに電気代がかかります。
おすすめの省電力モデルでは、1時間1円~2円。
普通のタイプでは、1時間2.5円~5円。
ある程度、中位機種以上のものを購入すれば、エコ機能などによって電気代は安く抑えることができると思います。
20号は、木造住宅ならば7畳まで、コンクリート住宅なら9畳まで対応している小型のガスファンヒーターです。
一人暮らしの人におすすめのサイズです。
ガス代は、規格が同じならば基本的に変わらないと思っていいと思います。
ガスファンヒーターを使うときは、ガス代にプラス電気代がかかることを覚えておいてください。
20号でおすすめのガスファンヒーター(都市ガス)です。
・ノーリツのガスファンヒーター「GFH-2403S」。
・リンナイのガスファンヒーター「RC-S2402E」。
基本的にガスファンヒーターを製造している会社は「リンナイ」と「ノーリツ」の2社のみとなっています。
東京ガス、大阪ガスなどが販売しているものも、これら2社の作ったものになります。
ガスファンヒーターには、都市ガス用、LPガス用があるため、自宅のガスがどちらになるのか確認してから選ぶようにしましょう。
ガスファンヒーターを使うには、ガスホースが必要となります。
ガスホースは別売りになっているため、買い忘れないように注意してください。