ヒーターのメーカーについて

最近では、エアコンをメインの暖房器具としている家庭が多く、それを補助するアイテムとして、電気ヒーターを取り入れているようです。電気ヒーターには、オイルヒーターやファンヒーター、電気ストーブなど、さまざまな種類があって、そのそれぞれに特徴があり、使用する用途や場所によって選ぶことができるようになっています。
暖房器具を扱っているメーカーは、大手のメーカーだけではなく、海外ブランドなど多くのメーカーが参入しています。中には、暖房器具を特に多く扱うメーカーや新興メーカーなどからも、多くの製品が発売されています。それでは、暖房器具を扱うメーカーの特徴について紹介します。
「シャープ」のヒーターは、円筒の加湿タンクが付いたデザインが特徴です。ファンヒーターは乾燥しやすいという難点がありますが、加湿機能を付けることでそれをカバーし、ロングセラー商品となっています。
「パナソニック」のヒーターは、ファンヒーターとパネルヒーターを扱っており、ナノイー搭載の加湿機能が付いたものや、人感センサーが搭載されたコンパクトなヒーターもあります。
「ダイキン」のヒーターは、人の体に吸収されやすい「セラムヒート」という名前で展開しています。ヒーターの部分が、縦向きと横向きに変えることができるのが特徴です。
海外メーカーで有名なのは、イタリアの「デロンギ」やイギリスの「ディンプレックス」などです。デロンギのオイルヒーターは、自然対流を効果的に生み出すことができる、新しく開発されたX字型のフィンが搭載されています。
また、「dyson」や「BULMUDA」などは、これまでにない高性能な新しい機構を実現しています。また、デザイン性にも優れており、価格は高いですが、おしゃれな外見でとても注目されています。
小型の暖房器具を長年支えているのは、「トヨトミ」「山善」「コイズミ」「森田電工」などです。 種類が豊富なので、目的に合わせた商品を選びやすいです。また、大手のメーカーに比べて価格が安いので、手軽に購入することができます。