ヒーターの種類と特徴

秋に入るとだんだん肌寒くなってきてり、ヒーターが欲しくなってきますよね?「ヒーター」となんとなく使っていると思いますが、ヒーターと呼ばれるものにはさまざまな種類があります。また、「ストーブ」とは何が違うのでしょうか?
英語の辞書で調べると、「heater(ヒーター)」は、発熱器や電熱器、暖房装置と訳されています。一方、「stove(ストーブ)」は、暖房用のストーブや料理用のコンロ、レンジと訳されています。つまり、ストーブは燃料を燃やすことで暖める暖房機器で、ヒーターは熱源が表面に出ておらず電気で暖める暖房機器ということになります。
燃焼による空気の汚れや、炎による火災などの心配が少なく、小さな子どもさんやお年寄りのいるご家庭でも安心して使用することができます。また、換気をこまめにできない場所にもおすすめです。しかし、ヒーターは、エアコンよりも消費電力が高いのに、暖房能力が低いので、電気代が高くなってしまうデメリットもあります。ただ、エアコンとヒーターを用途によって使い分けることで、賢く快適に寒い冬を過ごすこともできます。それでは、ヒーターの種類について詳しく紹介します。
ヒーターは「ファンヒーター」と「遠赤外線ヒーター」、そして「オイルヒーター・パネルヒーター」の3つに大きく分けられます。この3つの中でも、数種類に分けられます。ファンヒーターには、セラミックファンヒーター、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターがあり、遠赤外線ヒーターには、ハロゲンヒーター、カーボンヒーター、二クロム線電気ストーブ、シーズヒーターがあります。
この3つの違いは、部屋の暖め方の違いに分けられます。それぞれで、暖まる早さや暖める範囲、消費電力などに違いがあるのです。