暖房器具の見直しについて

賃貸マンションに一人暮らしをするとき、大抵はエアコンがすでに部屋についている場合が多いです。
そうなると、暖房器具を改めて買わなくてもエアコンがあるのでそれで十分と考える人も多いです。
しかし自分で買ったものとは違って、設置してあるものは、型古だったり、安くて機能が劣っていたりする場合があります。
そのため電気代がかなり高くなってしまうこともあります。
一人暮らしの場合、仕事で一日の大半は外出していて、部屋に人がいる時間はかなり短いのに、電気代が古いエアコンのために高くなってしまうということもでてきます。
一人暮らしなのに、電気代が高額だという場合は、暖房器具の見直しをおすすめします。
あるいはヒーターなど他の暖房器具と併用するのもおすすめです。
部屋全体を暖めることができる暖房器具は、エアコン、ファンヒーターなどです。
これらは主暖房に使われます。
ワンルームで一人暮らしならば、これらどちらかが1つあれば十分だと思います。
しかし地域、部屋の広さ、造りなどから、スポット暖房を併用した方がいい場合もあります。
スポット暖房としては、電気ストーブ、こたつなどの体を暖めるもの。
これらはあたっているところは暖かいけれど部屋全体を暖めることはできないので、主暖房と併用するか、寝る前だけの短時間に使うなど補助的に使われます。
あるいは、キッチンだけが分かれていて暖房が行き届かず寒いとか、脱衣所が寒いといった場合、一時的に使うことをおすすめします。
これには、パネルヒーター、セラミックヒーター、ハロゲンヒーター、カーボンヒーターなどの電気ストーブがおすすめです。