石油ファンヒーターのメーカー別特徴

石油ファンヒーターの有名メーカー3社は、「コロナ」、「ダイニチ」、「トヨトミ」です。
これらのメーカーには、メーカーの特徴があります。
ファンヒーターを選ぶ際、ある程度メーカーから絞るという方法もあります。
一人暮らしをこれから始める人、ファンヒーター選びの参考にしてください。
<コロナ>
・電気代が安い、1時間約0.7円、1日8時間使ったとして1ヶ月で約170円。
・電源を入れてから点火するまで時間が長い、点火から1分50秒、昨年よりは時間短縮されている。
余熱タイマーを使えば、7秒点火することも可能。
・点火時、消化時の臭いがある。
・燃焼するときのくさい臭いが少ない。
・7.2リットルタイプのオイルタンクがメイン、キャップを直接触らなくても簡単に開けられるようになっている。
コロナのファンヒーターは、点火まで時間がかかってしまいます、しかし一度ついたら電気代が安いことから一人暮らしにもおすすめだと思います。
<ダイニチ>
・点火までの時間が短い、電源をつけてから40秒で点火します。
・電気代が高い、1時間約5.2円、1日8時間使ったとして1ヶ月で約1,250円。
・点火時、消化時のくさい臭いが少ない。
・オイルタンクが大きいので、給油回数が少なくてすむ。
一人暮らしで、給油の回数を減らしたい人、速く部屋を暖めたい人におすすめです。
<トヨトミ>
・ガス化することなく直接灯油に点火するタイプ。
昨年の残りの古い灯油も使うことができる。
・電気代が安い、1時間約0.5円、1日8時間使ったとして1ヶ月で約120円。
・電源と入れてから点火するまでの時間がコロナと同じように長い。
・オイルタンクは7リットル、3社の中で最小。
・こぼれま栓機能で、キャップを仮に閉め忘れてしまったとしてもほとんどこぼれません。
・ラインナップが少ない。
灯油が毎年余ってしまう人におすすめのメーカーです。