石油ファンヒーター

コストパフォーマンス、暖める速度を重視する人におすすめなのは、石油ファンヒーターです。
灯油は、100円分で9000kcal~15000kcalという高い暖房能力があります。
そのため、一人暮らしの部屋に帰ってきて、冷え切った部屋をすぐに暖めたいという場合、部屋全体を暖かくできるおすすめのヒーターです。
しかし、石油ファンヒーターでは、灯油を買ってくる手間、ヒーターの灯油缶へ補給する手間がかかります。
また灯油を保管しておく場所も確保しなければいけません。
一人暮らしの場合、保管場所の確保はかなり重要な問題となります。
お住いの地域によってもおすすめのヒーターは違ってきますが、特に寒い地域の方は、灯油タイプを使うのが一般的です。
石油ファンヒーターのメリット、デメリットをまとめました。
<メリット>
・速暖性に優れていて、部屋全体を暖めることができる。
・パワーが強い。
・電気代よりも灯油代の方が安い。
・本体価格が1万円以内と手ごろなものが多いこと。
<デメリット>
・一酸化炭素中毒など事故の危険がある。
・賃貸住宅では禁止されているところもある。
・給油が面倒。
・点火時、消火時の臭いが気になる。
・片づけるのが大変。
石油ファンヒーターは、暖かくコストも安いことからおすすめですが、管理するのが面倒だという人にはあまりおすすめできません。
使用時には定期的に換気も行い、一酸化炭素中毒にならないようにするなど注意する必要があります。