赤ちゃんにとって安全な暖房とは!?

季節はすっかりと秋を迎え、山々には綺麗な紅葉が目立つようになりました。
11月に入り、少し昼間は暑いくらいの日もあれば日中も冬のように寒い日もあります。
朝晩はすっかりと秋めいて冬の到来を感じさせる季節になりましたね。
もう寒い冬はすぐそこまで来ています。
なんと今年の冬は極寒だという噂ですよ。
寒くなる前に暖房設備を整えておきたいものですね。
さて、冬には欠かせない暖房器具ですが、みなさんはいつもどんな暖房器具で冬を乗り切っていますか?
うちはエアコンを年中つけているというところ、うちはこたつだけで凌いでいるというところ、
うちは電気ストーブだけで凌いでいるというところ、などなど家庭によって様々だと思います。
安全な暖房器具だと判断がつく年齢なら問題ないですが、赤ちゃんのいるお宅は火の取り扱いに十分注意が必要です。
赤ちゃんがいるお宅にとって一番安全な暖房器具といったらやはり「エアコン」でしょう。
冬に限らず暑い夏も赤ちゃんにとってはエアコンが一番安全です。
なぜかというと、赤ちゃんの手の届かない所にあるからです。
夏の扇風機や、冬の電気ストーブ、石油ストーブ、こたつなどは赤ちゃんの手の届く所におく器具ですので、
使うにあたっては十分注意しなければなりません。
赤ちゃんは生まれてからは、病院の新生児室にいることになるのですが、新生児室は
常に25度から26度くらいの温度を保っています。
そのくらいの温度が赤ちゃんにとって適温なのです。
ですので、赤ちゃんがいるお宅で安全に暖房器具を使うにはエアコンに限るかと思います。