赤ちゃんのいるお宅での冬場の暖房器具

これからやってくる寒い冬。
冬には暖房器具は欠かせないものですよね。
地方によってもちろん気温が違いますが、過ごしやすいといわれているここ静岡でも
真冬になると、朝は家の中にいても4度とか、かなり低い気温を記録したことがあります。
特に朝日が昇る前の気温というのは、24時間のなかでも最も気温が低いときですので、
特に布団からでたあとは、体が一気に冷えますので暖房器具をうまく利用したいものです。
しかし、小さなお子さんがいるお宅では暖房器具を遣うにあたっても十分注意をしなければなりませんね。
筆者の家でも、生後8ヶ月になる赤ちゃんがいるので暖房をどう利用しようか悩んでいるところではあります。
基本的には、エアコンを20度くらいに設定するつもりなのですが、毎年20度に設定してはいるものの、
若干やはり少し肌寒いのです。
今年は赤ちゃんもいるということを考慮すると、例年よりも1,2度設定温度をあげるか、または
電気カーペットがあるので、そちらもうまく利用しようかと思っています。
生後8ヶ月ともなると、ただ寝ているだけではなく、そこら中を動き回ります。
ですので、危険物を赤ちゃんの手の届くところに置くことはできないのです。
そういったことも考えると、やはり冬場は赤ちゃんの手の届かない所に設置されているエアコンをうまく利用し
低めの設定にするエアコンで補えない部分は電気カーペットをうまく使って、赤ちゃんが寒くないように
する工夫が必要かと思っています。