赤ちゃんのためなら少し高価なオイルヒーターも!

赤ちゃんが生まれると、それでなくてもベッドや洋服やおむつやミルク・・
赤ちゃんのためにかかる費用がとんでもなくかかります。
でも、そんなかわいい赤ちゃんのためならお金が少しくらい高くてもどうってことない!って家庭もあるでしょう。
そんな赤ちゃんのいるご家庭で、安全な煖房器具を買おうと思っているご家庭にオススメするのは、
オイルヒーターです。
オイルヒーターはなんといっても、本体の値段がそこそこします。
もちろん価格はピンキリですが、大体20,000円から40,000円といったところでしょう。
さらに、本体ももちろん高いのですが、使用するための電気代も高めになります。
オイルヒーターの難点といったら、価格と電気代が高いということでしょう。
ですが、赤ちゃんのためなら!と思っているご家庭の方にはとってもオススメ。
やはりなんといってもすぐに暖かくなるというのが最大のメリットです。
煖房器具は、もちろん寒いときに使いますのでいかに早く暖かくなるか・・が重要です。
オイルヒーターは体の芯から暖まりたい!という方にもオススメなんですよ。
あとオイルヒーターを使うメリットといえば、ヒーターの電源を切ったあとでも
温度の下がり方がゆっくりなので、しばらく暖かいのが続くということです。
ファンヒーターやエアコンは切った後すぐに寒くなりますよね。
その点オイルヒーターはオススメです。
またオイルヒーターはエアコンなどに比べると乾燥しにくく、空気も汚しません。
電気代を考えないのであればオススメですよ!

赤ちゃんにとって安全を第一に考える煖房器具は!?

赤ちゃんがご家庭にいると何かと身の回りを整頓しなければならなかったりしますね。
赤ちゃんは、見るものすべてに好奇心をむき出しにし、さらに手に取るものはすべて口に入れたがります。
新しいものを発見したときなんかは特に、好奇心が旺盛になりますね。
そんな赤ちゃんにとって安全を第一に考えるとしたらいったいどんな煖房器具がよいのでしょうか。
電気代なども考えずに、赤ちゃんが安全に過ごすことだけを考えるとしたら
やはり一番安全なのは、エアコンでしょう!
エアコンはただでさえ赤ちゃんの手の届かない場所にありますので、赤ちゃんが触れることはありません。
ただ、注意したいのはリモコンです。
赤ちゃんはボタンというボタンは押したがります。
エアコンのリモコンを赤ちゃんの手の届く所においておくと、ボタンを押しまくって大変なことになりかねません。
リモコンも赤ちゃんの手の届かない高い場所においておくと良いでしょう。
エアコンは設定温度が一度違うだけで電気代もかなり違ってきます。
高めの設定温度でほぼ24時間フル稼働したら電気代がとんでもないことになってしまいます。
ですので、設定温度はなるべく低めにして、それでも寒いと感じるのであれば電気毛布などもうまく
利用して、エアコンと電気毛布で暖をとるのもオススメです。
電気毛布もコンセントから電気をとりますので、赤ちゃんがコンセントに触れないような注意と
使いすぎて低温やけどをしないように注意も必要になってきます。

赤ちゃんにとって安全な暖房の条件とは!?

今年は赤ちゃんと一緒に冬を過ごすというご家庭の方は、どんな方法で暖をとろうか悩んでいるかもしれません。
いつも通りの暖房器具をいつも通りに使えばいいというわけではありませんね。
いつも通りの暖房器具を使うにしても注意しながら使わなければなりません。
また、新しく赤ちゃんにとって安全な暖房器具を買うにしても、どんな機能がついているのかよく把握してから
購入する必要があるかと思います。
そこで、赤ちゃんがいる家庭にとって安全な暖房器具の条件とは何があるんでしょうか。
まずは、ハイハイをする好奇心旺盛な赤ちゃんには、手で触ってしまってもやけどをしないもの。
そして、もし不意に倒れてしまったとしても、電源がOFFになるような機能がついているタイプで
火事にはならないもの。
新しく赤ちゃんにとって安全な暖房器具を買おうとしているご家庭の方は、こんな注意が必要です。
まずは、その電化製品に安全な機能がついているか。
絶対的についていてほしい機能「チャイルドロック」。
そして、もちろん転倒したら電源がOFFになるという機能。
ファンヒーター系ではなくて、エアコンの購入を検討しているというご家庭の方は、加湿機能付きの
エアコンを購入すると良いでしょう。
エアコンは、空気を乾燥させてしまいますので、加湿も行える機能がついていることが望ましいです。
加湿機能がついているエアコンはお値段も跳ね上がりますが、加湿器を同時に買ったと思えば
電気代は一つですみますので、加湿機能付きのエアコンを買った方がお得かもしれません。

赤ちゃんがいる家庭での暖房器具の使い方

今年は赤ちゃんと一緒に冬を乗り越えなくてはならないというご家庭もあるでしょう。
ですが、赤ちゃんがいるといつも通りの生活を送ればいい・・というわけでもないんです。
寝ているだけの赤ちゃんでも、いつも通りに暖房を使えば乾燥の原因になったりしますし、ハイハイをする赤ちゃんなんかは好奇心旺盛ですので、動くもの音の出るものに触りたがります。
そもそも赤ちゃんにとって暖房というのは必要なのでしょうか。
赤ちゃんは大人よりも平熱が高いので、着せる服は大人よりも一枚少なめにと言われますが、
赤ちゃんは自分で体温を調節するのがまだ苦手です。
ですので、大人が赤ちゃんにとって適度な温度を保ってあげなければなりません。
病院で赤ちゃんを産むと、退院するまで新生児室にいることになると思いますが、その新生児室の
温度は26度くらいになっています。
看護師さんからも退院してから、自宅でも26度くらいを保つようにと言われるはずです。
ということで、26度を保つくらいの温度を設定しなければならないのですが、エアコンを使うにしても
石油ファンヒーターを使うにしても、熱くなりすぎないように、また空気も乾燥しないように
注意が必要になってきます。
さてに、石油ファンヒーターを使う際には吹き出し口に赤ちゃんが触れぬようなんらかの
対策をしなければなりません。
暖房もつけているのに赤ちゃんに厚着をさせると大人は適温だと感じても、赤ちゃんにとっては
暑く感じているかもしれません。
赤ちゃんはとても汗っかきだということも忘れずに着せる服にも注意が必要です。

赤ちゃんには電気代のかからないゆたんぽ

これから出産を迎えるという方や、今年は赤ちゃんと一緒に冬を乗り切るというご家庭も多いでしょう。
しかし、赤ちゃんがいるといつも通りに暖房器具を使えなかったりもするでしょう。
いつもは石油ファンヒーターを主に使っているといううちも多いと思いますが、石油ファンヒーターは
吹き出し口から熱い熱気がでますので、赤ちゃんが触れないように注意が必要です。
もし石油ファンヒーターを使うというお宅は、赤ちゃんが絶対に触らないようにガードをつけるなりして、
赤ちゃんがやけどをしなように工夫して使わなくてはいけません。
また、石油ファンヒーターは締め切った部屋で使うと一酸化炭素中毒になってしまう恐れがありますので、
一時間に一度は換気をしたりと注意も必要です。
さて、案外忘れていがちな暖房器具に、湯たんぽがあります。
昔はよく小さい頃お母さんが湯たんぽを用意してくれたなんてお宅も多いかもしれません。
寝るときに足が冷えてしまうので、湯たんぽをして寝る・・幸せな気分になれたのを思い出します。
湯たんぽは昔ながらのステンレスのタイプに温かいお湯を入れて使うものと、ジェル状の湯たんぽで
使う前にレンジで数分チンして使うものと、湯たんぽといっても色々なタイプがあるかと思います。
ご自分にあった湯たんぽを選んで見るのもイイでしょうね。
しかし、湯たんぽといえども使い方によっては低温やけどをする恐れもありますので、
特に赤ちゃんに使う際には注意して使うようにしたいものですね。

赤ちゃんに安心の遠赤外線パネルヒーター

近年では、本当に様々な暖房器具が出回っています。
皆さんはいつもどんな暖房器具で暖をとっていますか?
新しい電化製品にはあまり知識がないという方は、エアコンやストーブ、こたつ・・なんてものしか
暖をとる方法を思いつかなかったりするのかもしれません。
さて、今年は赤ちゃんがいるので暖をとるにも悩んでしまう・・というお宅も多いはず。
そんな赤ちゃんのいるご家庭では、いつも通りの暖房器具を普通に使えばいい・・というわけではないですよね。
今年は赤ちゃんがいるから新しく暖房器具を買おうと思っているご家庭も多いでしょう。
そんな赤ちゃんのいるご家庭にオススメしたいのが、遠赤外線のパネルヒーターです。
この商品は、赤ちゃんが暖房器具に触ってやけどをするという心配がないのです。
ちょっと目を離しているすきに、危険な行動をしてしまう赤ちゃん・・
このパネルヒーターは、パネルの部分の幅が狭くしてあるので、赤ちゃんが指を突っ込んでしまうという恐れもないのです。
エアコンや石油ファンヒーターだと、すぐにお部屋があたたまるのはいいけれど、暑くなりすぎるなんてことも
結構あるのですが、パネルヒーターは部屋が暑くなりすぎないので、赤ちゃんが汗をかいて風邪をひいてしまう
なんてこともないのです。
なんといっても、電気代が安いのがメリットです。
赤ちゃんがいるご家庭ですと、なにかと経費がかかりがちですので、せめて電気代だけでも
お安く使ってみるというのもコスト削減につながりますね!!

赤ちゃんには安全だけど少し物足りない暖房器具とは!?

最近はすっかり昼間も寒いというくらいの気候になってきましたね。
朝晩は特に冷え込むので、そろそろ暖房器具を準備しなくてはならない季節になってまいりました。
しかし、今年は赤ちゃんと一緒に冬を乗り切らなくてはならない・・という家庭もきっとあるでしょう。
そういったご家庭では、いつも通りの暖房器具を使えばいい・・というわけではないですよね。
まだ寝ているだけの赤ちゃんだったらいいかもしれませんが、好奇心旺盛にハイハイしまくる赤ちゃんや
もう赤ちゃんではないけれど、危険物を子供の手の届く所に置いておけないという家庭もあるでしょう。
そんなご家庭に大活躍するのが遠赤外線のパネルヒーターです。
パネルヒーターご存じの通り正面がパネル式になっているので、やけどの心配がありません。
また石油ファンヒーターと違って石油を使って温めるわけではないので、石油代もかかりません。
ファンヒーターは電気代+石油代がかかってしまいますよね。
電気代を考えるとコスト的にもパネルヒーターがオススメだと言えそうです。
ただ、パネルヒーターはお部屋の空気を暖めるというわけではなく、手元や足下を温めるので
部屋全体が暖まるというわけではないのです。
やはりその点を考えると石油ファンヒーターに比べると暖かさはだいぶ劣ってしまうのが難点です。
エアコンの設定温度を低めにしてエアコンでお部屋全体を温め、パネルヒーターをうまく併用しながら
暖をとってみるというのもオススメの使用方法です。

赤ちゃんがいる家庭にオススメ!オイルヒーター

冬も近づいている今日この頃、今年はどんな器具で暖をとろうかと悩んでいる家庭も多いはず。
しかも今年は好奇心旺盛の赤ちゃんもいるため、安全に使える器具が望ましいなんて方もいるでしょう。
赤ちゃんがいても安心安全に使える暖房器具っていったい何があるのでしょうか。
エアコンももちろんオススメですが、エアコンだと頭が痛くなる・・・なんてことを訴えたりして
意外とエアコンが苦手だという人も多いでしょう。
そんなママが赤ちゃんと安心して使える暖房器具に「オイルヒーター」があります。
オイルヒーターはキャスターもついているため、持ち運びもとっても便利。
昼間はリビングで使って、就寝時には寝室に持って行って寝る前や起きた時に使用することもできます。
オイルヒーターのメリットはやっぱり温風が直接当たらないため、好奇心旺盛の赤ちゃんにも安心。
ただかなり重たいので、持ち運びに便利といっても階段を上がっての持ち運びには不向きです。
同じフロアーで持ち運びするには便利ですね。
そして重たいがゆえ、倒れる心配もないためその点は安心して使えます。
またデメリットとしては電気代がかなりかかることが難点ですが、じんわりとした暖かさのため
室温を一定保つことには優れいている暖房器具です。
うまく利用するためには、最初はエアコンで部屋を一気に暖め、そのごオイルヒーターに切り替えて使用するという
使い方がオススメです。
価格は10~13畳用で、およそ40,000円弱程度です。

赤ちゃんにお勧めできない暖房器具は!?

小さなお子様がいるご家庭は暖房器具を使うにも注意が必要になります。
普段は特に気にせずに使用していた暖房器具も、使用しない方がよかったり、使用するにあたっても
注意して使用する必要があったりします。
ということで、赤ちゃんがいるご家庭ではあまりオススメできない暖房器具はいったい何があるでしょうか。
まずは、石油ストーブ。
こちらは、吹き出し口から熱気がでてくることでやけどをする恐れがあったり、締め切った部屋で使うと
一酸化炭素中毒になりますので、注意が必要。
あとは、冬場には欠かせないこたつ。
こちらも注意が必要な暖房器具の一つです。
ついついこたつで居眠り・・・なんてこともよくある話ですが、こたつで寝て起きた時にはとっても
のどが渇いている経験ある方もきっといるはず。
そうです、ついつい居眠りしてしまいがちなこたつですが、体温を奪われるためのどが渇いてしまうので、
脱水を引き起こす可能性もかなり高いのです。
赤ちゃんと一緒に、気持ちよくってついつい居眠り・・・してしまうことのないように注意が必要です。
赤ちゃんは特に大人よりも体温調節が苦手なのです。
あとは、電気カーペットも意外と安全なようで危険が潜んでいるものです。
ついついこちらも居眠りをしてしまいがちですが、こたつ同様脱水はもちろんのこと、低温やけどをする可能性があります。
さらに清潔を心がけないとダニも発生しやすくなりますので、お肌のトラブルも起こってしまいがちです。

赤ちゃんにお勧めの暖房器具とは!?

赤ちゃんがいるので、暖房器具を使うにも気をつけなければいけないという家庭も多いはずです。
いつもは普通に使っていた石油ストーブも、いつも通りに使用できないというわけです。
もし石油ストーブを使う際にも注意が必要です。
どんな注意が必要か、赤ちゃんが触らないようにガードをつけるなどの注意が必要。
締め切った部屋で使って、一酸化炭素中毒にならないように換気を十分に行う必要がある。
消してあるときでも、赤ちゃんがボタンを押して勝手につけてしまわないようにチャイルドロックをかける必要がある。
などなど、一つの暖房器具を使うに当たっても、小さいお子様がいるご家庭ですといろんな注意が必要になってきます。
ということで、安全に使用できる暖房器具といったらやはりエアコンでしょう。
エアコンは赤ちゃんの手の届かない所にあるので、触ってやけどする恐れがないというところが最大のメリットです。
さらに設定温度を低くすれば電気代の節約にもつながります。
気をつけなければならないことは、エアコンを使用することによって空気が乾燥すること。
空気が乾燥するとウイルスを発生しやすくなるので、咳がでたり風邪をひいたりしがちです。
エアコンを使用する際には、加湿器を併用したり、しめったタオルをかけておいたりと
加湿をすることも忘れずに使用したいものです。
また、頻繁に使うとフィルターも汚れますので、菌が発生しやすくなります。
エアコンを毎日使用する場合は特に、こまめに掃除をしておくことも大切です。