赤ちゃんに安心の遠赤外線パネルヒーター

近年では、本当に様々な暖房器具が出回っています。
皆さんはいつもどんな暖房器具で暖をとっていますか?
新しい電化製品にはあまり知識がないという方は、エアコンやストーブ、こたつ・・なんてものしか
暖をとる方法を思いつかなかったりするのかもしれません。
さて、今年は赤ちゃんがいるので暖をとるにも悩んでしまう・・というお宅も多いはず。
そんな赤ちゃんのいるご家庭では、いつも通りの暖房器具を普通に使えばいい・・というわけではないですよね。
今年は赤ちゃんがいるから新しく暖房器具を買おうと思っているご家庭も多いでしょう。
そんな赤ちゃんのいるご家庭にオススメしたいのが、遠赤外線のパネルヒーターです。
この商品は、赤ちゃんが暖房器具に触ってやけどをするという心配がないのです。
ちょっと目を離しているすきに、危険な行動をしてしまう赤ちゃん・・
このパネルヒーターは、パネルの部分の幅が狭くしてあるので、赤ちゃんが指を突っ込んでしまうという恐れもないのです。
エアコンや石油ファンヒーターだと、すぐにお部屋があたたまるのはいいけれど、暑くなりすぎるなんてことも
結構あるのですが、パネルヒーターは部屋が暑くなりすぎないので、赤ちゃんが汗をかいて風邪をひいてしまう
なんてこともないのです。
なんといっても、電気代が安いのがメリットです。
赤ちゃんがいるご家庭ですと、なにかと経費がかかりがちですので、せめて電気代だけでも
お安く使ってみるというのもコスト削減につながりますね!!

赤ちゃんにお勧めできない暖房器具は!?

小さなお子様がいるご家庭は暖房器具を使うにも注意が必要になります。
普段は特に気にせずに使用していた暖房器具も、使用しない方がよかったり、使用するにあたっても
注意して使用する必要があったりします。
ということで、赤ちゃんがいるご家庭ではあまりオススメできない暖房器具はいったい何があるでしょうか。
まずは、石油ストーブ。
こちらは、吹き出し口から熱気がでてくることでやけどをする恐れがあったり、締め切った部屋で使うと
一酸化炭素中毒になりますので、注意が必要。
あとは、冬場には欠かせないこたつ。
こちらも注意が必要な暖房器具の一つです。
ついついこたつで居眠り・・・なんてこともよくある話ですが、こたつで寝て起きた時にはとっても
のどが渇いている経験ある方もきっといるはず。
そうです、ついつい居眠りしてしまいがちなこたつですが、体温を奪われるためのどが渇いてしまうので、
脱水を引き起こす可能性もかなり高いのです。
赤ちゃんと一緒に、気持ちよくってついつい居眠り・・・してしまうことのないように注意が必要です。
赤ちゃんは特に大人よりも体温調節が苦手なのです。
あとは、電気カーペットも意外と安全なようで危険が潜んでいるものです。
ついついこちらも居眠りをしてしまいがちですが、こたつ同様脱水はもちろんのこと、低温やけどをする可能性があります。
さらに清潔を心がけないとダニも発生しやすくなりますので、お肌のトラブルも起こってしまいがちです。