赤ちゃんにとって安全を第一に考える煖房器具は!?

赤ちゃんがご家庭にいると何かと身の回りを整頓しなければならなかったりしますね。
赤ちゃんは、見るものすべてに好奇心をむき出しにし、さらに手に取るものはすべて口に入れたがります。
新しいものを発見したときなんかは特に、好奇心が旺盛になりますね。
そんな赤ちゃんにとって安全を第一に考えるとしたらいったいどんな煖房器具がよいのでしょうか。
電気代なども考えずに、赤ちゃんが安全に過ごすことだけを考えるとしたら
やはり一番安全なのは、エアコンでしょう!
エアコンはただでさえ赤ちゃんの手の届かない場所にありますので、赤ちゃんが触れることはありません。
ただ、注意したいのはリモコンです。
赤ちゃんはボタンというボタンは押したがります。
エアコンのリモコンを赤ちゃんの手の届く所においておくと、ボタンを押しまくって大変なことになりかねません。
リモコンも赤ちゃんの手の届かない高い場所においておくと良いでしょう。
エアコンは設定温度が一度違うだけで電気代もかなり違ってきます。
高めの設定温度でほぼ24時間フル稼働したら電気代がとんでもないことになってしまいます。
ですので、設定温度はなるべく低めにして、それでも寒いと感じるのであれば電気毛布などもうまく
利用して、エアコンと電気毛布で暖をとるのもオススメです。
電気毛布もコンセントから電気をとりますので、赤ちゃんがコンセントに触れないような注意と
使いすぎて低温やけどをしないように注意も必要になってきます。

赤ちゃんに安全な暖房器具「エアコン」

これからさむーい冬がやってきますね。
朝晩はずいぶんと冷え込むようになってきたので、そろそろ暖房器具を出してもいいかな?と
思うような季節になってきました。
寒くなってから暖房器具の準備をするよりも、本当に寒くなる前に準備をして冬の到来を望みたいものですね。
さて、暖房器具にも色々ありますが、赤ちゃんにとって安全な暖房器具といったらエアコンです。
エアコンは温度を設定しておくだけで、常に快適な温度に保つことができます。
特に赤ちゃんはまだ体温調節がうまくできないため、大人が快適な温度にしてあげる必要があります。
寒すぎてもいけませんし、暑すぎてもいけません。
適温の26度くらいを保つように設定しましょう。
エアコンで26度に設定してもずっと26度を保っていれたらいいですが、少し暑すぎ足りする場合は
温度を下げたりしてうまく調節をしましょう。
エアコンは夏の冷房よりも冬の暖房の方が電気代がかかるそうです。
冷やすよりも温める方が電気をくうと言われています。
ですので、冬場はできれば温度をあまり上げずに極力低い温度に設定したいものです。
設定温度が一度違うだけでも電気代も違ってきます。
エアコンや電気ストーブ、カーペットなどで、エアコンを使いつつも他の暖房器具をうまく
併用して適度な温度を保って、赤ちゃんが快適に過ごせるように配慮してあげたいものです。
電気ストーブを使うときなどは赤ちゃんから目を離さないように十分注意しなければなりません。

赤ちゃんには加湿機能付きのエアコンを!

最近は風も冬の風になってきて、すぐそこまで冬がやってきているのを感じます。
冬は得意という方もいらっしゃるでしょうが、やっぱり冬は暖をとって過ごしたいもの。
今年の冬は赤ちゃんと一緒に乗り切るという方も多くいらっしゃるかと思いますが、赤ちゃんがいるご家庭では
特に注意して暖房器具を使わなくてはなりません。
赤ちゃんのいるご家庭でオススメしたい暖房器具はエアコンと思いつく方がいらっしゃるでしょう。
しかし、エアコンのデメリットは設定温度を上げると電気代がかかるということと、空気が乾燥するということでしょう。
これからエアコンを購入する予定という方は、お財布と相談して加湿機能付きのエアコンの購入も視野に入れるといいでしょう。
最近は温かくしてくれるだけではなく、加湿もしてくれるという優れた機能がついているエアコンも多数あります。
やはり加湿機能もついているということで、お値段もそれなりにしますが、空気の乾燥を防げるということですので
そういったエアコンを購入する価値もあります。
加湿機能付きのエアコンを購入するか、普通に使用したら乾燥してしまうエアコンを使用するか。
普通のエアコンを使用する場合には、加湿器を併用して使えばいいのかもしれませんが、どっちにしろ
加湿器代とさらに加湿器を使う電気代もかかってしまいます。
トータル的に考えたら、加湿機能付きのエアコンを買った方が電気代も削減できますのでこちらの方がオススメと
言えるかもしれません。

赤ちゃんにとって安全な暖房とは!?

季節はすっかりと秋を迎え、山々には綺麗な紅葉が目立つようになりました。
11月に入り、少し昼間は暑いくらいの日もあれば日中も冬のように寒い日もあります。
朝晩はすっかりと秋めいて冬の到来を感じさせる季節になりましたね。
もう寒い冬はすぐそこまで来ています。
なんと今年の冬は極寒だという噂ですよ。
寒くなる前に暖房設備を整えておきたいものですね。
さて、冬には欠かせない暖房器具ですが、みなさんはいつもどんな暖房器具で冬を乗り切っていますか?
うちはエアコンを年中つけているというところ、うちはこたつだけで凌いでいるというところ、
うちは電気ストーブだけで凌いでいるというところ、などなど家庭によって様々だと思います。
安全な暖房器具だと判断がつく年齢なら問題ないですが、赤ちゃんのいるお宅は火の取り扱いに十分注意が必要です。
赤ちゃんがいるお宅にとって一番安全な暖房器具といったらやはり「エアコン」でしょう。
冬に限らず暑い夏も赤ちゃんにとってはエアコンが一番安全です。
なぜかというと、赤ちゃんの手の届かない所にあるからです。
夏の扇風機や、冬の電気ストーブ、石油ストーブ、こたつなどは赤ちゃんの手の届く所におく器具ですので、
使うにあたっては十分注意しなければなりません。
赤ちゃんは生まれてからは、病院の新生児室にいることになるのですが、新生児室は
常に25度から26度くらいの温度を保っています。
そのくらいの温度が赤ちゃんにとって適温なのです。
ですので、赤ちゃんがいるお宅で安全に暖房器具を使うにはエアコンに限るかと思います。