赤ちゃんにとって安全を第一に考える煖房器具は!?

赤ちゃんがご家庭にいると何かと身の回りを整頓しなければならなかったりしますね。
赤ちゃんは、見るものすべてに好奇心をむき出しにし、さらに手に取るものはすべて口に入れたがります。
新しいものを発見したときなんかは特に、好奇心が旺盛になりますね。
そんな赤ちゃんにとって安全を第一に考えるとしたらいったいどんな煖房器具がよいのでしょうか。
電気代なども考えずに、赤ちゃんが安全に過ごすことだけを考えるとしたら
やはり一番安全なのは、エアコンでしょう!
エアコンはただでさえ赤ちゃんの手の届かない場所にありますので、赤ちゃんが触れることはありません。
ただ、注意したいのはリモコンです。
赤ちゃんはボタンというボタンは押したがります。
エアコンのリモコンを赤ちゃんの手の届く所においておくと、ボタンを押しまくって大変なことになりかねません。
リモコンも赤ちゃんの手の届かない高い場所においておくと良いでしょう。
エアコンは設定温度が一度違うだけで電気代もかなり違ってきます。
高めの設定温度でほぼ24時間フル稼働したら電気代がとんでもないことになってしまいます。
ですので、設定温度はなるべく低めにして、それでも寒いと感じるのであれば電気毛布などもうまく
利用して、エアコンと電気毛布で暖をとるのもオススメです。
電気毛布もコンセントから電気をとりますので、赤ちゃんがコンセントに触れないような注意と
使いすぎて低温やけどをしないように注意も必要になってきます。

赤ちゃんに安全なファンヒーターガード

11月に入り、すっかり秋めいてきましたが、さむーい冬はすぐそこまでやってきています。
なんと今年の冬は極寒だということで、例年よりも寒くなりと予想されていることを知っていますか!?
皆さんはいつもご自宅でどんな暖房器具で寒さを凌いでいますか?
各ご家庭によってそれぞれ色々な寒さ対策があるかと思います。
さて、最近赤ちゃんが生まれたよ!という家庭も多いはず。
そんな小さなお子さんがいるご家庭だと、暖房器具を使うにあたっても十分注意しなければなりません。
なぜなら、赤ちゃんは好奇心旺盛であり、目につくものすべて触りたがったりします。
特に、ファンヒーターや電気ストーブなど、赤く色がついたり、ゴーっと音が出たりするものなんかは
もっともっと赤ちゃんの好奇心をひきたてます。
ですので、ファンヒーターなどを使うにも赤ちゃんの手が届かない工夫が必要です。
そんな時に役にたつのが「ファンヒーターガード」。
赤ちゃんのいる家のみならず、家の中でねこちゃんやわんちゃんを飼っているお宅でも
使っているというお宅は多いはず。
その名の通り、ファンヒーターに近づけないように、ファンヒーターの周りをぐるっとガードできるという優れもの。
もちろん柵になっているので、温かい空気は閉じ込められることなく利用できるのです。
お値段もさほど高くはなく、Yahooショッピングなどでも4,000円弱程度で売っています。
赤ちゃんのいるお宅でしたら一つはおいてあってもいいものかもしれませんね!