赤ちゃんにとって安全を第一に考える煖房器具は!?

赤ちゃんがご家庭にいると何かと身の回りを整頓しなければならなかったりしますね。
赤ちゃんは、見るものすべてに好奇心をむき出しにし、さらに手に取るものはすべて口に入れたがります。
新しいものを発見したときなんかは特に、好奇心が旺盛になりますね。
そんな赤ちゃんにとって安全を第一に考えるとしたらいったいどんな煖房器具がよいのでしょうか。
電気代なども考えずに、赤ちゃんが安全に過ごすことだけを考えるとしたら
やはり一番安全なのは、エアコンでしょう!
エアコンはただでさえ赤ちゃんの手の届かない場所にありますので、赤ちゃんが触れることはありません。
ただ、注意したいのはリモコンです。
赤ちゃんはボタンというボタンは押したがります。
エアコンのリモコンを赤ちゃんの手の届く所においておくと、ボタンを押しまくって大変なことになりかねません。
リモコンも赤ちゃんの手の届かない高い場所においておくと良いでしょう。
エアコンは設定温度が一度違うだけで電気代もかなり違ってきます。
高めの設定温度でほぼ24時間フル稼働したら電気代がとんでもないことになってしまいます。
ですので、設定温度はなるべく低めにして、それでも寒いと感じるのであれば電気毛布などもうまく
利用して、エアコンと電気毛布で暖をとるのもオススメです。
電気毛布もコンセントから電気をとりますので、赤ちゃんがコンセントに触れないような注意と
使いすぎて低温やけどをしないように注意も必要になってきます。

赤ちゃんには電気代のかからないゆたんぽ

これから出産を迎えるという方や、今年は赤ちゃんと一緒に冬を乗り切るというご家庭も多いでしょう。
しかし、赤ちゃんがいるといつも通りに暖房器具を使えなかったりもするでしょう。
いつもは石油ファンヒーターを主に使っているといううちも多いと思いますが、石油ファンヒーターは
吹き出し口から熱い熱気がでますので、赤ちゃんが触れないように注意が必要です。
もし石油ファンヒーターを使うというお宅は、赤ちゃんが絶対に触らないようにガードをつけるなりして、
赤ちゃんがやけどをしなように工夫して使わなくてはいけません。
また、石油ファンヒーターは締め切った部屋で使うと一酸化炭素中毒になってしまう恐れがありますので、
一時間に一度は換気をしたりと注意も必要です。
さて、案外忘れていがちな暖房器具に、湯たんぽがあります。
昔はよく小さい頃お母さんが湯たんぽを用意してくれたなんてお宅も多いかもしれません。
寝るときに足が冷えてしまうので、湯たんぽをして寝る・・幸せな気分になれたのを思い出します。
湯たんぽは昔ながらのステンレスのタイプに温かいお湯を入れて使うものと、ジェル状の湯たんぽで
使う前にレンジで数分チンして使うものと、湯たんぽといっても色々なタイプがあるかと思います。
ご自分にあった湯たんぽを選んで見るのもイイでしょうね。
しかし、湯たんぽといえども使い方によっては低温やけどをする恐れもありますので、
特に赤ちゃんに使う際には注意して使うようにしたいものですね。

赤ちゃんには安全だけど少し物足りない暖房器具とは!?

最近はすっかり昼間も寒いというくらいの気候になってきましたね。
朝晩は特に冷え込むので、そろそろ暖房器具を準備しなくてはならない季節になってまいりました。
しかし、今年は赤ちゃんと一緒に冬を乗り切らなくてはならない・・という家庭もきっとあるでしょう。
そういったご家庭では、いつも通りの暖房器具を使えばいい・・というわけではないですよね。
まだ寝ているだけの赤ちゃんだったらいいかもしれませんが、好奇心旺盛にハイハイしまくる赤ちゃんや
もう赤ちゃんではないけれど、危険物を子供の手の届く所に置いておけないという家庭もあるでしょう。
そんなご家庭に大活躍するのが遠赤外線のパネルヒーターです。
パネルヒーターご存じの通り正面がパネル式になっているので、やけどの心配がありません。
また石油ファンヒーターと違って石油を使って温めるわけではないので、石油代もかかりません。
ファンヒーターは電気代+石油代がかかってしまいますよね。
電気代を考えるとコスト的にもパネルヒーターがオススメだと言えそうです。
ただ、パネルヒーターはお部屋の空気を暖めるというわけではなく、手元や足下を温めるので
部屋全体が暖まるというわけではないのです。
やはりその点を考えると石油ファンヒーターに比べると暖かさはだいぶ劣ってしまうのが難点です。
エアコンの設定温度を低めにしてエアコンでお部屋全体を温め、パネルヒーターをうまく併用しながら
暖をとってみるというのもオススメの使用方法です。

赤ちゃんに安全な暖房器具「エアコン」

これからさむーい冬がやってきますね。
朝晩はずいぶんと冷え込むようになってきたので、そろそろ暖房器具を出してもいいかな?と
思うような季節になってきました。
寒くなってから暖房器具の準備をするよりも、本当に寒くなる前に準備をして冬の到来を望みたいものですね。
さて、暖房器具にも色々ありますが、赤ちゃんにとって安全な暖房器具といったらエアコンです。
エアコンは温度を設定しておくだけで、常に快適な温度に保つことができます。
特に赤ちゃんはまだ体温調節がうまくできないため、大人が快適な温度にしてあげる必要があります。
寒すぎてもいけませんし、暑すぎてもいけません。
適温の26度くらいを保つように設定しましょう。
エアコンで26度に設定してもずっと26度を保っていれたらいいですが、少し暑すぎ足りする場合は
温度を下げたりしてうまく調節をしましょう。
エアコンは夏の冷房よりも冬の暖房の方が電気代がかかるそうです。
冷やすよりも温める方が電気をくうと言われています。
ですので、冬場はできれば温度をあまり上げずに極力低い温度に設定したいものです。
設定温度が一度違うだけでも電気代も違ってきます。
エアコンや電気ストーブ、カーペットなどで、エアコンを使いつつも他の暖房器具をうまく
併用して適度な温度を保って、赤ちゃんが快適に過ごせるように配慮してあげたいものです。
電気ストーブを使うときなどは赤ちゃんから目を離さないように十分注意しなければなりません。

「電気毛布」について

電気カーペットは、普通のカーペットのように敷くタイプの暖房器具としておなじみになっています。では、電気毛布はご存じですか?電気毛布は、電気カーペットと違いとても軽いので、家の中やオフィスなど、どこでも持ち運びができ、足に掛けるなどして暖まることができます。
エアコンやヒーターは、部屋の空気を暖める種類が多いですが、電気毛布は必要な時に必要なところをすぐに暖めることができます。そのため、できるだけ早く体を暖めたい寒い冬には、とても重宝するアイテムです。
では、電気毛布の電気代はどれくらいでしょう。他の種類の暖房器具と比較してみます。消費電力約900Wのエアコンの1時間あたりの電気代は19.8円、ハロゲンヒーターを800Wで1時間使った場合は20.7円、500Wのこたつは11円となります。そして、電気毛布を1時間使った時の電気代は約1円です。毎日5時間を1ヶ月間使い続けてもたったの150円となり、かなり経済的なのがわかると思います。電気毛布だけで寒い冬を越すのは難しいと思いますが、他の暖房器具と一緒に使うことで、冬の電気代を節約することは可能です。
また、電気毛布を選ぶ時は、「丸洗いOK」や「ウォッシャブル」などと表記された洗濯ができるものを選びましょう。説明書に従って、コードの扱いに気を付けて、優しく手洗いして清潔に使いましょう。また、オフィスなどで使いたい方は、USBに接続できるものを選べば、パソコンを使いながら冷えた体を暖めることできます。
電気毛布は、エアコンやヒーターのスイッチを入れたばかりで、なかなかお部屋が暖まらない時でも、サッと掛けるだけで自分の体をすぐに暖めることができます。また、部屋には少ししかいないから暖房器具を使うのがもったいない、などの時に役立ちます。

「オイルヒーター」の電気代

「オイルヒーター」は、空気を汚さずに、部屋を暖めてくれるヒーターの種類です。空気の乾燥も防ぐことができ、とても体に優しいヒーターということで、人気のあるオイルヒーターです。しかし、本体価格が安くないことと、電気代も高くなることでも知られています。それでは、オイルヒーターの電気代について紹介します。
オイルヒーターは、暖まるまで時間がかかりますし、長時間使う家庭が多いようなので、それだけ電気代も高くなります。実際にオイルヒーターを使用しているご家庭は、電気代が5,000円~15,000円くらいアップしてしまうようです。もう少し細かく見ていくと、1時間あたりの電気代は、弱モードで約15円、強モードで約30円~40円くらいになるようです。強モードで1日つけっぱなしにすると、月額の電気代は25,000円を超えることになります。
オイルヒーターは電気代が高いことがデメリットですが、空気が乾燥しにくかったり、自然な暖かさを実現してくれたり、体に優しかったりという優れたメリットもたくさんあります。そのため、この種類の暖房器具は、使用の仕方を工夫することで、効率よく快適な暖かさにしてくれます。
たとえば、部屋が暖まってくるまでエアコンを併用する方法です。オイルヒーターをつけて、部屋が暖まるまで強モードで運転すると、電気代がかなり高くなってしまいます。そのため、エアコンなどの暖房器具と併用して、先に部屋を暖めておくことで、オイルヒーターを弱モードでも効率よく暖めることができるのです。
また、オイルヒーターは、電源を切っても少しの間は暖かい、という特徴があります。そのことを利用して、就寝前に早めに電源を切ったり、出かける時間がわかっていれば、逆算して20分前には切ったりすると良いでしょう。
オイルヒーターは、部屋を25度~28度にまで上げるパワーはないです。そこまで温度を上げるとしても、強モードでずっと運転しないといけなくなります。それではかなり電気代がかかってしまうので、設定温度は20度前後にして、自分でもなるべく暖かい格好をするようにしましょう。

「ハロゲンヒーター」の電気代

「ハロゲンヒーター」のメリットは、本体の価格が安いことでしょう。でも、「電気代は高くなってしまうのでは?」と思う方もいるかもしれません。それでは、ハロゲンヒーターの電気代と特徴について紹介します。
ハロゲンヒーターとは、「遠赤外線ヒーター」という種類のヒーターです。遠赤外線ヒーターは、部屋全体を暖めるほどのパワーはなく、寒さが特にひどい時にピンポイントで利用するのに適しています。寒い外から帰って来て冷えた体を暖めたり、お風呂上がりの脱衣所を暖めたりなど、さまざまなシーンで役立つと思います。
遠赤外線ヒーターの種類には、ほかにも、「カーボンヒーター」や「シーズヒーター」が販売されていますが、これらに比べて、ハロゲンヒーターの出荷台数はどんどん減っているようです。その理由は、カーボンヒーターなどの方が暖かさを感じるからです。
でも、ハロゲンヒーターは小型で持ち運びが便利ですし、価格も安いということで、「ちょっとした使い道に欲しいな」という時に手軽に導入でき、まだまだ人気があります。また、小さめサイズの「ミニハロゲンヒーター」も販売されているので、より持ち運びしやすくなっています。
では、ハロゲンヒーターの電気代は月々どれくらいになるのでしょうか?ハロゲンヒーターの人気モデル3つを検証して計算すると、1時間あたりの電気代は、弱モードで約10円、強モードで約20円~30円くらいかかることがわかりました。
月々の電気代がいくらになるかは、ご家庭の使い方によって違ってきますが、ハロゲンヒーターの場合、1日中つけているというより、必要な時に必要な場所で利用することが多いと思うので、だいたい1日に30分~1時間くらいでしょう。そのように考えて、月額の料金を計算してみると、1時間で750円になり、1時間半以上使うと1,000円以上かかってしまう計算になるので、ハロゲンヒーターを使う際は使用時間に気を付けましょう。

「石油ファンヒーター」の電気代

灯油と電気の2つのエネルギーを使う「石油ファンヒーター」は、強力に暖めるパワーがあることから、寒冷地で使用されることが多いヒーターの種類です。それでは、石油ファンヒーターの電気代について取り上げます。
5つのモデルの石油ファンヒーターを調べて電気代について検証してみると、電気代と灯油代を含めて、1時間あたり10円~90円かかることがわかりました。電気代だけでしたら1時間1円~3円しかかからないので、ほとんど気にせずに使うことができます。この種類のヒーターでポイントとなるのは、やはり“灯油代”でしょう。出力の大きさによって灯油の消費も大きく違ってくるようです。部屋を設定温度になるまで暖めるには90円くらいかかり、部屋が暖まってから一定に保つのに10円程度かかると覚えておきましょう。
「石油ファンヒーター」は灯油を燃焼するので、暖めるパワーはとても強く、エアコンと同じように部屋を全体的に暖めることができます。光熱費は、エアコンと比べるとかなり安くなると言われています。ところが、灯油の消費量が多かったり、灯油を調達するのが大変であったりすることが、大きな難点となります。
でも、ちょっとの工夫で、灯油の消費量を減らすこともできます。それは、設定温度を下げたり、部屋が暖かくなったら1度~2度温度を下げたりするだけでも節約になります。また、フィルターの掃除をこまめに行ったり、置き場所を考えたりするだけでも違います。

セラミックファンヒーターの電気代

セラミックファンヒーターは、電気だけで使えるヒーターの種類です。スイッチを押すだけですぐに暖かくなるので、ついつけっぱなしにしている家庭も多いでしょう。しかし、セラミックファンヒーターでかかる電気代は、エアコンの最大出力と同じくらいと言われており、決して安くはないのです。それでは、セラミックファンヒーターの電気代と効率良く使用する方法について取り上げます。
セラミックファンヒーターの人気モデル5つを検証した結果、1時間あたりの電気代は、弱モードで約16円、強モードで約30円かかることがわかりました。そして、電気代を1時間あたり30円として月額を計算すると、帰宅直後などに1時間だけ使用する場合は900円、寝ている間や外出している間以外、1日中ほぼつけっぱなしで18時間くらい使用する場合は21,600円かかるということです。
セラミックファンヒーターは、エアコンと同じように、部屋全体を温風で暖める暖房器具の種類ですが、実際のところ、大きな部屋を暖めるパワーはありません。十分に暖められる部屋の目安としては、木造の部屋で4畳半、コンクリートの部屋で6畳~8畳程度です。そのため、大きな部屋でエアコンと同じように使用すると、効率が悪くなってしまいます。
効率良く使用するには、寒さが特にひどい時に、扇風機のようにピンポイントで一時的に使用すると良いでしょう。でも、扇風機の電気代は、1時間使っても約1円程度ですが、セラミックファンヒーターは約30円かかってしまうので、扇風機感覚で使用しないように注意しましょう。

「オイルヒーター」と「パネルヒーター」

「オイルヒーター」や「パネルヒーター」は、ファンヒーターの種類ですが、少し特殊な暖め方をします。その方法は、まず機器を高温にしてその放熱で空気の対流を起こし、空気全体を少しずつ暖めていくのです。
オイルヒーターやパネルヒーターのメリットは、温風が強くないので乾燥しにくいことや、ほこりが立ちにくいこと、空気の入れ替えが必要ないことなどがあります。また、これらのことからアレルギーの人に適したヒーターと言えます。
一方、デメリットもあり、暖まるのに時間がかかったり、大きな部屋で使うとそれほど暖かくならなかったり、消費電力が高く電気代が高くなったりします。そのため、断熱性能の低い家には適していないでしょう。
「オイルヒーター」は、電気で機器内部のオイルを温めて循環させて、放熱させるヒーターの種類です。このヒーターは、電源を切っても、余熱で部屋がすぐには冷えないのが特徴です。ファンがないので、ハウスダストによるアレルギーも避けられますし、運転中の音もとても静かで、火傷の心配も少ないということで、小さな子どもさんがいるご家庭におすすめのヒーターです。
「パネルヒーター」は、パネルで電気ヒーターを覆った作りになっているので、表面は熱くなりません。オイルを暖める「オイルヒーター」と違って、機器の放熱によって部屋を暖めるので、比較的早く暖まり機器の重さも軽いです。コンパクトなサイズなので、持ち運びもとても便利です。電気のほかに、ガスなどのパネルヒーターもあります。